Headline

GBOFプレビュー:セス・ロリンズ対ブレイ・ワイアット

グレート・ボールズ・オブ・ファイアではセス・ロリンズが彼を付け狙うブレイ・ワイアットとの勝負に挑む。

ペイバックで行われた「ハウス・オブ・フィアー戦」でランディ・オートンを倒したワイアットは自らを「世界を掌握する神」と呼び始めた。そして「キング・オブ・キング(王者の中の王)」ことトリプルHをレッスルマニアで倒して「キング・スレイヤー(王殺し)」と呼ばれるようになったセス・ロリンズに照準を定めると、突然暗闇から姿を見せては揺さぶりをかけ始めた。するとロリンズは「世界を掌握する神どころか、暗闇でコソコソうごめく臆病者」とワイアットを嘲笑。さらにコーナー最上段で待ち伏せたロリンズは暗闇から会場に現れたワイアットにスプラッシュ攻撃を敢行。翌週では試合を終えた直後のロリンズの前に姿を見せたワイアットが「7月9日はロリンズ再生の日になる。奴が真の自分を受け入れなければ、焼かれるだろう」と不気味なメッセージを残して消えた。

RAW主催のグレイト・ボールズ・オブ・ファイアは米国現地時間7月9日に開催。神を名乗るワイアットが勝利して征服に向かって前進するのか。ロリンズが絶対君主トリプルHに続いて神を名乗るワイアットも倒してみせるのか。超大型対決をお見逃しなく!

ツイート